So-net無料ブログ作成
検索選択

下山の思想 [本]

 「下山の思想」 五木寛之

 下山.gif

  まず、はじめに から

 私たちは明治以来、近代化と成長をつづけてきた。それはたとえていえば、山に登る登山の過程にあったといえるだろう。

 だからこそ、世界の先進国に学び、それを模倣して成長してきたのである。

 しかし、いま、この国は、いや、世界は、登山ではなく下山の時代にはいったように思うのだ。

 私たちがいま学ぶべきは、先進諸国にではない。すでに下山した国々、いま下山中の国々の現実ではあるまいか。下山の先進国、という言い方は変だが、ギリシャも、イタリアも、スペインも、ポルトガルも、英国も、すべて下山の先進国である。そしてまさにいま下山にさしかかった大国がアメリカだろう。

私たちがもしアメリカに学ぶべきものがあるとすれば、発展と成長の過去ではなく、大国が急激な下山をどうなしとげるかを注目すべきなのだ。 ・・・・・

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。